免疫療法は新しい治療法【体イキイキリバイバル】

医者

がんに効く新しい療法

nurse

がんの新しい治療法が「免疫療法」です。自分の体の中にあらかじめ備わっている仕組みを利用する治療法のため、副作用の心配なく治療を受けることが出来ます。新しい治療法であるため、費用が高額になるという課題もあります。

Read More

同姓なので安心出来る

医者

性病の治療サービスを快適に利用するためには、同性の先生に治療してもらうという方法があります。その方が、気軽に相談できます。また、性病はいくつか種類がありますので、早期治療のために、なるべくすべての性病を理解しておきます。

Read More

検査を受けてリスク回避

writing

「性病が不安で病院に行くのなんて恥ずかしい。」そう思う気持ちも理解できます。だからこそお医者さんに相談し、検査を受ける勇気を出して下さい。あなたのその勇気は他の人に自分と同じ苦しみを抱かせないための尊いものになります。

Read More

更年期との付き合い

最新の免疫療法を参考に体に負担の少ないがん治療を行ってみませんか?日々進化を続けているのが免疫療法です。効果的な方法も幾つもあります。

現在の更年期障害の症状への取り組み

doctor

更年期とは、閉経前後の5年から10年に当たる時期を指します。40代あたりから卵巣の働きが徐々に衰えてエストロゲンの分泌が少なくなってきます。そこで月経不順がおこり始めます。卵胞ホルモンから脳にエストロゲンを出すよう命令が送られますが、エストロゲンは出ないため脳はパニックを起こしてしまい色々な症状がでるようになります。更年期ののぼせや発汗や精神症状はそのために起こります。現在の治療方法ホルモン療法、漢方薬、低用量ピルの服用、生活改善などがあります。ホルモン療法は、エストロゲン注射や内服やパッチ薬を使用して自律神経のバランスを整えます。ホットフラッシュや動悸が改善されます。漢方薬は、血液の流れを改善し気の流れをよくすることで症状を改善します。

今後の生活について

現在ホルモン補充療法が主流となっています。しかし、今後は、生活改善しながら色々な療法を取り入れていくようになるのではないかと考えます。ホルモン療法は、血栓症や子宮がんのリスクがあるためよほど更年期症状が強い場合でなければ使用しなくなるのではないでしょうか。今は、漢方薬やプラセンタ治療もあるので自分に合う更年期の治療方法を探してみるとよいのではないでしょうか。 閉経の時期もひとそれぞれで、いつ訪れるかわかりません。 そのため、統一した治療があるわけではないです。 最近は、生活習慣病があります。 やはり日頃の生活を見直すことも必要です。食事もバランスよく食べ。適度な運動を行うこと。しっかりと睡眠をとることが大切です。

Copyright (c) 2015 免疫療法は新しい治療法【体イキイキリバイバル】 All rights reserved.